2019年 9月 19日 (木)

「アイスが溶けた」「彼女に振られた」 トンデモ110番に警察四苦八苦

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   「彼女に捨てられた。どうしたらいいか」「自販機のお釣りが少ない」。こんなトンデモ「通報」が各県の県警に寄せられている。こんな通報でも事件につながる可能性もないとは言えないので、できるかぎり対応するというのが各県警の姿勢だ。しかし、「とんでもない通報が昔より増えた」ようで、警察も苦労が絶えないといったところだ。

「パトカーで送ってもらいたい」

   栃木県警によれば、2008年上半期(1~6月)の110番受理件数は約6万9400件で、このうち無言やいたずらといった「無効件数」は4805件で全体の約7%に上った。県警通信指令課によれば、なかには「彼女に捨てられた。どうしたらいいか」「アイスクリームが溶けた」といった「通報」もあった。このため、小冊子「こんなことでも110番?」を800部作成して、この種の110番通報をやめるように呼びかけている。

   通信指令課によれば、「彼女に捨てられた」といった通報があると、県警は状況を聞いたうえで所轄の相談窓口を案内する。「アイスが溶けた。どうすればいいか」という通報では「冷蔵庫の電気の線が切れたのでは」などと状況確認を行ったという。「事件や事故につながる可能性がないとはいえない」(同課)ため、こういった通報でも対応せざるを得ないのだという。また、08年4月に暫定税率が一時的に切れた際には、「(店が)ガソリンを25円下げない。詐欺ではないか」という通報があり、県警では「店はまだ仕入れの段階で、まだ価格に転嫁されていないのではないか」などと指摘したという。

   担当者もあらゆる通報に対応できるようしているため、苦労が絶えない様子だ。ほかにも「帰れないので、パトカーで送ってもらいたい」「自販機のお釣りが出ない」といった110番通報が寄せられた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中