2019年 8月 25日 (日)

「ストリートビュー」に批判相次ぐ キスシーンやラブホ画像次々削除

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   グーグルが展開している「Street View(ストリートビュー)」機能について、「見えすぎ」と批判されていた画像が次々と削除されはじめた。東京や大阪など12都市の主要道路のあらゆる地点で360度の風景の写真を閲覧できるサービスだが、写真に偶然写りこんでいる変な光景などが話題になり、「見えすぎ」「プライバシーの侵害」という批判も相次いでいる。

「プライバシーの侵害だ」「気持ち悪い」

「ストリートビュー」の「変な写真」が次々と削除されている
「ストリートビュー」の「変な写真」が次々と削除されている
「日本の都市部の生活道路は生活空間の一部で、他人の生活空間を撮影するのは無礼です」
「お願いですから、(中略)日本の路地の様子をストリートビューから外していただけませんか」

   こうブログで痛烈に批判したのはマーケッターでネットビジネス起業家の樋口理さんだ。樋口さんは、「公道からの風景だから公開を前提としているはずだ」ではなく、「公道を通る者はその鼻先の生活空間はのぞき込んではいけない」というのが日本の都市生活者のモラルだとして、グーグルが直ちにこのサービスを止めるよう訴えている。

   有名ブログ「きっこの日記」の作者のきっこさんは、パチンコ屋の開店前に店先に並ぶ自身の姿を「ストリービュー」で発見したとして、「まあ、横向いてて顔が分かんないからいいけど、知り合いが見たら、絶対にあたしだって分かっちゃうよ」「あまりにもプライバシーを侵害しまくってる」などと述べ、「単なるネット上の無料サービスが、こんなにも個人のプライバシーを侵害するようなことをして問題にならないんだろうか」と疑問を呈している。

   ネット上では、「プライバシーの侵害だ」「気持ち悪い」など、「便利すぎる」このサービスに批判的な意見が目立つようになってきており、マスメディアも「プライバシー」の問題や「危険性」について指摘している。

   「ストリートビュー」は、グーグルが提供する地図サービス「Googleマップ」の新しい機能で、札幌・小樽・函館・仙台・東京・埼玉・千葉・横浜・鎌倉・京都・大阪・神戸の12都市の公道からの光景を見ることができるというもの。衛星写真の表示時に「ストリートビュー」ボタンを押すと、道路からの写真を見ることができ、ユーザーが360度回転させたり、上下に動かしたりして、建物を見渡したり、写真を拡大することもできる。

   「ストリートビュー」日本版の公開後、男子高校生が女子高生の胸に手を当て、キスしていると思われる写真、中年男性が立小便をしていると思しき写真、ラブホテルに入る男女の写真までもが「公道からの風景」ということで閲覧できる状態になっており、ネット上で大きな話題になっていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中