2019年 8月 20日 (火)

行方不明バンコク在住デイトレーダー 「ブログ」で情報公開が事件の発端?

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   タイでデイトレーダーをしている日本人男性が行方不明になり、男性と特徴が似ている遺体が発見された。この男性は、海外での投資生活についての指南本を出版する一方、投資状況をブログで細かく公開。一部では「著名ブロガー」としても知られていた。

日本と行き来しながらバンコクに引きこもる「外こもり」

棚橋さんは日々の「投資生活」をブログに綴っていた
棚橋さんは日々の「投資生活」をブログに綴っていた

   行方不明になっているのは、岐阜県出身でバンコク在住の棚橋貴秀さん(35)で、 2008年8月5日に自宅アパートを出て以来、連絡が取れない状態が続いている。地元警察の調べでは、棚橋さんの外出40分後、不審な男が棚橋さんの部屋に侵入する様子がアパートの防犯カメラに残されており、部屋には荒らされたあとがあったという。さらに、棚橋さんの銀行口座からは、日本円で13万円あまりが引き出されていた。翌8月6日には、中部アユタヤ県のガソリンスタンドで棚橋さんのものとみられる鍵や腕時計が発見されている。警察では、棚橋さんが何らかの事件に巻き込まれたとみて捜査を進めている。

   一方、8月9日には、中部ナコンラチャシマ県の山中で、バナナの葉で覆われたアジア人男性の遺体が、腐乱した状態で発見されている。バンコクの日本大使館の邦人援護担当者は、8月15日午後の時点で

「発見された遺体については、現在身元を確認中です」

と話しており、捜査当局ではDNA鑑定などで棚橋さんとの関連を調べている。

   実は棚橋さんは、単なる「デイトレーダー」にとどまらず、一部では名前の知れた「ブロガー」でもあった。棚橋さんは10年以上前にタイに渡航し、日本と行き来しながらも海外の都市に引きこもる「外こもり」の生活を続けてきた。「外ごもり」については相当な専門家だったようで、08年7月には、「安田誠」のペンネームで、指南書「外こもりのススメ」(幻冬舎コミックス)を出版。投資で利益を上げながら、タイの割安な物価を活用して生計を立てるノウハウなどを披露していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中