フリース着て「ウォームビズ」 イオンが実施へ

印刷

   地球温暖化対策として、大手スーパーのイオンは、社員が自社製フリースのジャケットを着ながら仕事をする「フリースビズ」を2008年11月にスタートさせる。本社などで、暖房の温度をこれまでより3度低い20度にして行う。

   イオンでは、フリースは保温性が高く、軽くて動きやすいとして、「フリースビズ」を実施することにした。これに合わせて、独自ブランドの「トップバリュ フリース」の商品数を増やし、ジャスコやダイエーなど自社スーパーで製品の販売拡大につなげたいとしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中