日清、カップヌードル50万食回収へ

印刷

   「カップヌードル」からパラジクロロベンゼンが検出された問題で、日清食品は2008年10月23日、「カップヌードル」約50万食を自主回収すると発表した。パラジクロロベンゼン混入の事実関係は不明という。該当する商品は、関東工場で製造された賞味期限2009年1月30日の「カップヌードル」(製造所固有記号「A7」)。同社では、異臭があるものや、包装が破損している製品を食べないよう呼びかけている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中