2018年 7月 20日 (金)

のどに詰まらす死亡事故 「ご飯・すし」17人と最多

印刷

   東京消防庁は2008年10月23日、食べ物をのどに詰まらせた事故で07年までの2年間で71人が死亡し、うち「ご飯・すし」が17人と最も多かったことを明らかにした。パンは8人で2番目、続いて、もちの7人だった。千葉県船橋市では小学6年の男児(12)が給食のパンで窒息死しており、同庁は注意を呼びかけている。

   事故そのものは、全体で2443人。このうち、パンをのどに詰まらせる事故は135人だった。重症以上も、42人に上っている。135人のうち、70歳以上が87人、2歳以下が13人で、高齢者や乳幼児が目立っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中