マツタケ、中国産は敬遠気味 店頭に並ぶ高い国産

印刷

   中国産の食べ物を敬遠する動きが、秋の味覚の代表格、マツタケにも及んでいる。百貨店やスーパーマーケットで、比較的値段の安い中国産のマツタケが減っている。

   東京・築地市場で2008年9月に取引された中国産のマツタケはおよそ19トン。前年同月に比べて1トン近く減った。そのためこの秋、店に並んでいるのは高い国産のマツタケばかり。物価高騰で買い控えの中、結局は売れていないという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中