2020年 4月 10日 (金)

「ルイ・ヴィトン」が「東京ガイドブック」 「ミシュラン」と一味違う選択基準

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   フランスの高級ブランド「ルイ・ヴィトン」から、東京版ガイドブックが発売される。高級ホテルや有名レストランが紹介される一方、カプセルホテル、銭湯、神田の古本屋といった庶民的な店も載っている。同じフランス発の「ミシュランガイド」とは一味違った、「ヴィトン基準」で選ばれているのだという。

11月1日に発売、4200円

   東京版ガイドブック「シティ・ガイド2009」が2008年11月1日に発売される。日本ではあまり知られていないが、ヴィトンはヨーロッパの32都市(09年版)とニューヨークのガイドも出している。掲載する店はスタッフが足を運び選んでいて、同じフランス発の「ミシュランガイド」とは異なる「ヴィトン基準」がユニークだと話題になっている。収集家のアイテムとしても人気だ。

   東京版で紹介されているのは、「ザ・リッツ・カールトン東京」「ザ・ペニンシュラ東京」などの高級ホテルや旅館、有名レストラン、人目につかない隠れた名園など。高級店が中心だが、「カプセルホテル」や江戸時代から続いている銭湯、神田の古本屋といった、庶民的な店も載っている。さらに、秋葉原の電気街や、欧米人に注目の「オタク文化」にもスポットを当てる。

   10月28日に放送されたフジテレビ系情報番組「とくダネ!」によると、紹介文もユニークだ。「カプセルホテル」はこんな風に紹介されている。

「プラスチックやグラスファイバーでできたカプセルの中で寝る。このとっぴなアイデアはスタンリー・キューブリック監督の大作『2001年宇宙の旅』やリドリー・スコット監督の恐るべき『エイリアン』といったSF映画に出てくる未来派的カプセルを連想させる。日本では冒険ができない代わりに、こうしたカプセルでの冒険旅行を楽しんでいるのだろうか」

   一流ファッションブランドらしく、デザインもいい。高級感のあるダークブラウンの表紙には、ホテルのベルボーイがかつて、旅行者のトランクに貼ったステッカーを模したモチーフが描かれている。中身のイラストは、漫画家の松本零士さんが担当した。

   日本語版と英語版の2種類で、価格は各4200円。ルイ・ヴィトンの店舗のほか、日本語版のみ紀伊国屋書店でも販売する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中