2019年 3月 21日 (木)

児童名、「倒産確実」社名ゾロゾロ グーグルマップで情報漏れ騒動

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   グーグルマップに利用者が書き込めるサービス「マイマップ」で、個人情報が晒されてネット上で騒ぎになっている。小学校の児童名、住所や、「倒産確実」などとした企業名、コレラ保菌者発生地などまである。無意識にか、意図的にか公開設定にしたため、検索で次々に暴露されたらしい。もっとも、真実とは思えないものも含まれている。

静岡県内の市立小学校児童34人の名前

「国内コレラ保菌者発生地別表」は何の目的?
「国内コレラ保菌者発生地別表」は何の目的?
「文科省から個人情報がネット上に載っていると電話があり、早速確認したところ、確かに2年生クラスの名簿がありました。今は、どういう状況で載ったのか調査しています」

   グーグルのサービス「マイマップ」で晒されていたのは、静岡県内の市立小学校の児童34人の名前や住所など。同市教委の学校教育課長が2008年11月4日夕、J-CASTニュースの取材に対して明らかにした。

   マイマップは、07年からサービスが始まり、グーグルマップ上に目印やコメント、名前や住所などを書き込める。プライバシー設定で、「非公開」も選べるが、最初は「公開」になっている。

   ネット上では、11月2日ごろからキーワード検索で次々に個人情報が見つかると話題になり、2ちゃんねるのスレッドやまとめサイトで児童名などの個人情報流出例が報告される騒ぎになっている。

   静岡のケースでは、マイマップ利用者は、無意識にか意図的にか、4月13日から「公開」状態にしていた。市教委によると、同校の校長がグーグル日本法人に「非公開」設定にしてもらうようメールで連絡を取ったという。しかし、これまでに2000人ほどが閲覧していた。

   市教委学校教育課長は、「利用者がだれなのかは、まだ確認できないでいます。悪用による被害については、まだ聞いていません。いずれにしても個人情報が出てしまったので、今晩中に保護者を一軒一軒回って謝罪することにします。今後は、校長会で気をつけるよう呼びかけるなど対策を徹底したい」と話している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中