2020年 12月 1日 (火)

「タスポ」普及率頭打ち 顔認証や免許証対応は絶好調

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!

   「タスポ」の普及率が32%あまりに留まり、設置した自販機の売上げもガタ落ちしている。その一方で、タスポ以外の認証システムをつくっている会社は好調だ。顔認証システムを搭載した自販機メーカーは売上げが前年比1.5倍に、免許証対応の装置の製造販売会社は3か月間で数年間分を売り上げている、といった具合だ。

顔認証タイプの売上げはタスポの3倍

   2008年7月から、たばこの自動販売機に成人識別機能をつけることが義務付けられた。これにあわせて、タスポ対応機は同月から全国で使用できるようになった。ところが11月1日現在、タスポカードの普及率は喫煙者の32%あまり。自販機の売上げはガタ落ちし、客がコンビニに流れて、たばこの隣においているジュースの自販機も利用者が減っているという。「タスポじゃ、だめだ」というたばこ店が増え、別の認証機に切り替える動きが出てきた。

   財務省が成人識別機能として認定しているのは、タスポのほかに顔の特徴を読み取り識別する「顔認証システム」と、免許証対応の装置システム。

   新たに顔認証システム搭載機を購入したという「大磯酒店」(鹿児島県)の店主はこう語る。

「メーカーから借りている3台にタスポの読み取り機がつけられることを知って、正直、客が減ると思ました。タスポは利用者が色々と手続きをしなければならず、手間がかかる。長く店を使ってもらっている愛煙家には受け入れられません。初期投資はかかりましたが、顔認証タイプの売上げはタスポの3倍ですよ」

   タスポが不調の一方で、元気がいいのは自販機メーカーだ。

   顔認証機を搭載したたばこ自販機を販売するフジタカ(京都)の営業企画担当者は、

「全国から注文が来ていて、この数か月は売上げが前年に比べて約1.5倍に伸びています」

と明かす。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中