2020年 12月 1日 (火)

携帯「タッチパネル」戦争 NECも新製品で参入

初心者向け資産運用相談で、現金6,000円もれなくプレセント中!

   携帯電話各社が新商品を次々と発表する中で、もっとも注目されるのが、タッチパネルを搭載した機種だ。iPhoneやプラダ携帯がすでに発売されているが、携帯電話メーカー各社も特徴を出したタッチパネル式の携帯電話を投入し始めるなど、競争が激化しつつある。

3つの形状を使い分けられる「Style Change」

NECが発売するタッチパネル式の携帯電話「N-01A」
NECが発売するタッチパネル式の携帯電話「N-01A」

   NECは2008年11月10日、NTTドコモから発売される08年冬から09年春向けの新シリーズ・新機種4種類を発表した。

   中でも、注目されるのがタッチパネル式の「N-01A」。3つの形状を使い分けられる「Style Change」が特徴で、iモード利用時に便利な「コミュニケーションスタイル」に加え、フルブラウザ・動画再生に最適な「シェアスタイル」、ワンセグやカメラをタッチパネルで操作可能な「タッチスタイル」に変形できる。また、ヘッドフォン使用時には、バーチャル5.1chサラウンド再生が可能で、5.1chホームシアターのような迫力あるサウンドが楽しめるのも魅力だ。

「手のひらの中で自由にニーズにこたえられるようなデザインを目指した」

   NECモバイルターミナル事業部 チーフクリエイティブディレクターの佐藤敏明氏は、新商品発表会でこのように述べた。今回の3つの形状を使い分けられるデザインは、NECが20年間続けてきた『折りたたみ』スタイルを変えて挑んでいる。会見には、11月下旬からNECの携帯電話のCM出演する俳優の玉木宏さん、モデルの橋本麗香さんも出席。玉木さんは「N-01A」の使い心地について、

「一番驚いたのは、この3つの形状。携帯電話の方が僕にあわせてくれる感じです。また、直感的なタッチしての操作や、(メールなどをしながら)ワンセグを見ることができるのも魅力。音も迫力があり、ケータイもここまできたな、と感じている」

と、使い勝手のよさをアピールした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中