2020年 5月 30日 (土)

18歳で飲酒運転、ひき逃げ 「ミクシィ告白」大騒ぎの真偽

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「ミクシィ(mixi)」の日記に、「飲酒後に原付バイクを運転し、千葉県浦安市の交差点で事故を起こした。事故の相手は瀕死の重症だったが逃げた」という記述が見つかった。書いた人物のプロフィールが18歳の男性ということも重なってネットで騒ぎになり、警察に問い合わせる人も多数出て、通報を受けた浦安署は捜査を始めた。しかし、「告白」の事実は今のところ確認できず、悪質ないたずらの可能性も出ている。

未成年なのに飲酒、バイクを運転、ひき逃げ

   問題の日記は2008年11月13日に書かれた。内容は、この日の2日前頃に仲間5人と原付バイクで暴走。その後、浦安市にあるしゃぶしゃぶ店に行き飲酒。ベロベロに酔っていたが原付の運転を続けた。浦安駅前の交差点で右折した瞬間アドV(スクーターの名前)と事故を起こした。そして、

「アドVの人はぶっ飛んで瀕死。俺は原付のエンジン止まっちゃったから、 交差点の真ん中で必死にエンジンかけてて、着いた瞬間、アッキーのケツモチなんか忘れて一人で暴走モード。逃げました」

と書いた。

   ネットでは08年11月16日ごろから騒動になり、瀕死の重傷者を放置する「轢き逃げ」は許せない、未成年なのに飲酒をしただけでなくバイクを運転するというのは酷い犯罪だ、など掲示板やブログでバッシングが起こった。「2ちゃんねる」にもスレッドが立ち、

「これは酷い。即刻逮捕してほしい」
「書いちゃうバカは多いが、ここまで本当にマジ通報レベルなのは珍しいな」

などのカキコミが並び、日記を書いた本人と思われる顔写真や、勤務先とされる会社名まで晒された。この日記が書かれているホームページは騒動になって間もなく削除(退会)になった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中