2018年 6月 24日 (日)

元次官襲撃事件の動機 統合失調症ではという説

印刷

   発生直後は「複数犯による『年金テロ』」との見方もあった元厚生事務次官宅連続襲撃事件だが、警視庁にナイフを持って出頭、犯行を供述したのは46歳の無職男だった。事件の背景をめぐっては、動機が不明と指摘するマスコミが多い。その一方で、「容疑者には精神疾患があるのでは」との見方も浮上しており、責任能力の有無が今後の焦点になる可能性もでてきた。

34年前、保健所に家族を殺された仇討ち

   次官経験者が相次いで狙われ、3人が死傷するという異例の犯行に、当初、専門家からは「組織的な犯行なのでは」「年金行政に恨みを持った結果なのでは」などという予測が相次いだ。

   ところが、逮捕されたのは、46歳の無職男だった。事件から5日目の11月22日。21時ごろ、東京・霞ヶ関の警視庁本部に男がレンタカーで乗り付け、警察官に「おれが事務次官を殺した」などと話した。社内から血のついたサバイバルナイフが見つかったため、男は銃刀法違反の容疑で逮捕された。逮捕されたのは、さいたま市北区在住、無職小泉毅(たけし)容疑者(46)。

   注目を集めているのが、不可解な犯行動機だ。出頭前には、報道各社のウェブサイトに「34年前、保健所に家族を殺された仇討ち」などといったメッセージを送りつけ、逮捕後の取り調べに対しても

「保健所に犬を殺されたことに腹が立っていた」
「高級官僚は悪だと、大学に入ってからわかった」

などと供述しているが、保健所と元事務次官殺害とのつながりについては、明らかにならないままだ。

   逮捕以前の段階でも、「奇行」が目立つ。出頭直前には、ほとんど面識のないアパートの住民に、成人向けDVD5枚を手渡していた。それ以外にも、04年には「工事の音がうるさい」などとして、建築会社の社長宅まで押しかけ、深夜にクラクションを鳴らし続けたことや、周囲の住民を自室に呼びつけて「物音がうるさい」などと激怒。その結果、複数の住民が引っ越しを余儀なくされるなど、「クレーマー」ぶりが少しずつ明らかになっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中