三洋電機の買収交渉が難航 パナソニックとGS

印刷

   三洋電機の買収をめぐって、パナソニック(旧松下電器産業)と米ゴールドマンサックス(GS)の交渉が難航していることが2008年11月26日、明らかになった。パナソニックは11月24日、GSに対して三洋電機の買収価格を1株120円とすることを伝えたが、GS側とは価格に開きがあり、交渉が平行線となったため、一たん打ち切った。今後はパナソニック側が再度、買収価格を提示することになる。

   なお、11月26日の三洋電機株の終値は150円だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中