2018年 7月 19日 (木)

「公的資金の申請しない」 新銀行東京

印刷

   貸し渋りに遭っている中小企業の支援を目的に東京都が設立し、現在経営再建中の新銀行東京が、国会で審議中の改正金融機能強化法が成立した場合でも、公的資金の申請をしないことが2008年11月28日、明らかになった。

   新銀行東京の9月中間決算は70億円の最終赤字となったものの、都から400億円の追加出資を受けたこともあって自己資本比率は48.5%と基準値の4%を大きく上回っている。ただ不良債権比率は17.0%と、全国銀行の平均(2.4%、3月末)と比べて約7倍も多かった。株式市場の低迷や景気悪化が進むなかで、黒字化にはなお時間がかかりそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中