「中国に親しみ感じない」66%と過去最悪に 内閣府調査

印刷

   内閣府の「外交に関する世論調査」で、中国への親しみを「感じない」人が66.6%と前年比3.1ポイント増えて過去最高となった。2008年12月6日に発表された。

   また、日中関係が「良好だと思わない」とした人は71.9%と3.9ポイント増となり、これも過去最高だった。こうした結果は、毒ギョーザ事件などが影響したのではないかとみられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中