NHK、宿泊料着服のカメラマンを懲戒免職

印刷

   NHKは2008年12月18日、出張時の宿泊料を着服していたとして、京都放送局の金沢孝年カメラマン'(51)を12月25日付けで懲戒免職処分にする、と発表した。発表によると、同カメラマンは、東京勤務だった06年9月から08年4月にかけて、京都市内に出張。同市内には自宅があり、実際は自宅に泊まったにもかかわらず、同行したスタッフの領収証を使ってホテルに泊まったように装い、計60万円を着服した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中