インフルエンザで3人死亡 東京の病院、感染者は106人に

印刷

   東京都町田市の鶴川サナトリウム病院で、入院患者や職員がインフルエンザに感染し入院患者が3人死亡したが、同病院では18日までに、新たに5人の感染者を確認した。これで、インフルエンザにかかった入院患者と職員は計106人となった。都は19日に立ち入り検査を実施した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中