2018年 7月 17日 (火)

インフルエンザで3人死亡 東京の病院、感染者は106人に

印刷

   東京都町田市の鶴川サナトリウム病院で、入院患者や職員がインフルエンザに感染し入院患者が3人死亡したが、同病院では18日までに、新たに5人の感染者を確認した。これで、インフルエンザにかかった入院患者と職員は計106人となった。都は19日に立ち入り検査を実施した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中