グーグル、新聞広告事業から撤退

印刷

   米グーグル社は2009年1月20日、新聞広告を販売する「Print Ads」プログラムを2月28日で打ち切る、と発表した。同プログラムは、グーグルが持つオンラインの広告主に対して新聞広告枠を売り込むというもので、06年11月にスタート。景気後退の影響で予想よりも苦戦し、事業の成長が見込めないと判断した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中