2018年 7月 23日 (月)

「株価、年末が底」 日証協会長が見通し

印刷

   日本証券業協会の安東俊夫会長は2009年1月21日の記者会見で、株価の見通しについて「年末くらいに底をうつのではないか」との考えを示した。1930年代の世界恐慌や日本のバブル崩壊、ITバブルなどの過去のケースに照らし合わせると、危機が起きて30か月程度で底をうつ傾向にあり、07年8月の米サブプライム問題の発覚を基準にすると09年末ごろになる。

   世界的な金融危機の影響で株価の低迷が続いているが、「中長期的にみれば、投資のチャンスだろう」とも述べた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中