「ソウルの不動産 米中日が買い進める」 聯合ニュース報道

印刷

   ソウル市が2009年1月28日、市内の不動産をアメリカ、中国、日本が買い進めていると発表した、と聯合ニュースが報じた。同市内での外国人不動産(土地)取得件数は08年末で13246件(29万10171平方メートル)で、前年比10.1%の増加。外国人の不動産保有状況を国籍別に見ると、米国が8527件(172万2451平方メートル)と最も多く、次いで中国(414件・69161平方メートル)、日本(336件・9万6866平方メートル)の順。取得用途はアパートや住宅など住居用が72.5%に当たる9599件(151万7040平方メートル)、商業用が20.2%の2677件(72万2399平方メートル)。 外国人がソウルの不動産に関心を示している理由は、不動産価格とウォンの価値がともに下落したためという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中