ハッカーに逆襲した中3男子生徒を書類送検

印刷

   ハッカーから逆にパスワードなどを盗んだとして、愛知県警は2009年2月5日、兵庫県尼崎市内の中学3年の男子生徒(15)を不正アクセス禁止法違反の疑いで書類送検した。調べに対して、男子生徒は「メールを盗み見たりして、困らせてやろうと思った」と供述しているという。

   調べによると、男子生徒は08年7月11~14日、オンラインゲーム仲間だった長野県大町市内の無職男性(20)からヤフーのIDとパスワードを盗み、男性になりすまして計16回不正にアクセスした疑い。男性は、別のゲーム仲間のIDとパスワードを盗んだとして08年10月に書類送検されており、その過程で男子生徒の犯行が分かった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中