2019年 4月 22日 (月)

花粉がこれまでの「100分の1」「少花粉スギ」大規模植林始まる

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   花粉症の原因となるスギ花粉が本格的に飛び始めるシーズンを目前に控え、新たな試みが始まっている。宮崎市で、「花粉の量が通常の100分の1」という「少花粉スギ」の植林が進んでいるのだ。全部のスギが「少花粉スギ」に入れ替わるまでには長い時間がかかるが、地元の森林組合では「出来ることから、少しずつやっていければ」と意気込んでいる。

3月末までに、民有林25ヘクタールに約7万本

   春先には花粉症に悩まされる人も多いが、2009年も例外ではなさそうだ。環境省が2009年1月30日に発表した「花粉総飛散量等の予測(確定版)」によると、スギ花粉の量は、関東・東海地区などは「ほぼ例年並み」とされている一方、近畿・四国地方では、「例年よりやや多くなる」と予測されている。西に行くほど状況は厳しくなっている模様で、四国の大部分と九州の一部では、「例年の1.5倍程度」の花粉が飛ぶのだという。

   そんな中、花粉を減らそうという試みが本格化しつつある。スギ材生産量が日本一の宮崎県では、花粉の量が「他品種に比べて100分の1」という品種「高岡署1号」の植林が本格化しつつあるのだ。

   植林を行っているのは、宮崎中央森林組合(宮崎市、長友忍組合長)。同組合では、09年1月末に植林を開始し、「花粉症シーズン」が本格化する3月末までには、民有林25ヘクタールに約7万本を植えたい考えだ。これだけ大規模に「少花粉スギ」が植林されるのは、全国でも珍しい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中