日本IBM クラウドサービスを4月から開始

印刷

   日本IBMは、ネットワーク経由でハードウェア資源を利用できる「クラウド・コンピューティング」のサービス拠点を千葉・幕張事業所内に開設する、と2009年2月25日に発表した。また、サービスの提供は4月1日から開始する。

   日本IBMは、「クラウド・コンピューティング」のサービスとして、「IBM Computing on Demand(IBM CoD)」を提供する。ネットワーク経由でCPUやメモリー、ハードディスクなどのハードウェア資源を利用できるというものだ。

   拠点となる「IBM Computing on Demandセンター(IBM CoDセンター)」は日本では初めて、世界では7か所目となる。使用料金は、クアッドコアCPU2個搭載のサーバーを1週間利用する場合で5万400円となる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中