清水建設など「表層メタンハイドレート」のガス回収に成功

印刷

   清水建設はこのほど、ロシア科学アカデミー陸水学研究所、北見工業大学、北海道大学と共同で、ロシア・バイカル湖の水深400mの湖底表層に閉じ込められたメタンハイドレートからメタンガスを回収する実験に成功した。表層メタンハイドレートからのガス回収成功は、世界で初めてという。

   メタンハイドレートは、「燃える氷」と呼ばれるメタンガスと水が結びついた固体状の物質。石油などに代わる次世代エネルギーとして注目されている。日本近海では、オホーツク海や日本海の表層で存在が確認されている。今後、回収技術が確立されれば、日本が資源大国に変わる可能性も議論されている。

   なお、清水建設では、4年以内に実用化にめどをつけたいとしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中