2018年 7月 22日 (日)

福岡市、「シリアスゲーム」開発へ 「ゲーム拠点」目指す

印刷

   福岡市は2009年度から「シリアスゲーム」の開発を目指し、地元のゲーム制作会社や九州大学と連携することを明らかにしたと、09年3月11日、西日本新聞が報じた。

   「シリアスゲーム」はアメリカで発祥した。娯楽性を第1目的とせず、教育用途を主目的とするゲーム。広義には同用途に使用可能な一般のゲームも含まれる。日本でも06年、スクウェア・エニックスと学習研究社が共同出資して、シリアスゲーム専門会社「SGラボ」を設立しており、徐々に注目が集まっている。

   福岡市は09年4月から、環境問題など公共性の高いテーマでゲームを開発し、完成後は同市のホームページで公開するという。シリアスゲームの周知と開発力のPRを行い「ゲーム産業の拠点都市」を目指す。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中