松村邦洋のマラソン心肺停止 体重100キロは走れる体か

印刷

   東京マラソンで一時心肺停止状態になったお笑いタレントの松村邦洋さん(41)。デブキャラで知られ、かねてより参加を危惧する声が出ていた。やはりチャレンジは無謀だったのだろうか。

事務所は「体調もよく、順調に走っていた」

東京マラソンの公式サイト
東京マラソンの公式サイト

   そのまま放置されていれば、死亡していたようだ。

   松村邦洋さんが2009年3月22日の東京マラソン参加中に突然倒れたのは、15キロ地点手前。スポーツ紙各紙によると、松村さんは急に足を止め、後ろにひっくり返るように路上に倒れ込んだ。ぐったりした様子で、口から泡を吹き、目はうつろ。呼びかけても、反応がなかったという。所属事務所の太田プロダクションによると、ストレッチをしようとしたときに突然意識消失した。

   近くにいた医師らが駆けつけ、心肺停止状態を確認。電気ショックを与えるAED(自動体外式除細動器)で緊急処置をして、やっと呼吸を回復した。東京消防庁によると、心臓停止では3分間、呼吸停止では10分間放置されると、死亡率が5割を超すといい、松村さんは、処置が早かったために助かった。

   松村さんは、そのまま緊急入院。太田プロは23日、病名を「急性心筋梗塞による心室細動」と発表した。「持病ではなく、急性によるもの」としている。

   デブキャラとしては、体重200キロ以上あるとされる元横綱の曙さん(39)が、ドクターストップで今回の東京マラソンを断念していた。松村さんは、公式プロフィールによると、身長164センチ、体重128キロ。曙さんほどの巨漢ではないとしても、マラソン挑戦は無謀ではなかったのか。

   太田プロの担当マネージャーによると、プロフィールとは違って、松村さんは、マラソントレーニングをしているここ2年は体重100キロ台をキープ。東京マラソンの22日は、102キロ弱だったという。

   松村さんは、4度目のマラソン挑戦。08年7月には、オーストラリアのゴールドコースト・マラソンで初めて制限時間内の6時間51分40秒で完走している。五輪メダリストの有森裕子さんらも育てた指導者の下で練習しており、東京MXテレビの情報番組出演で走った今回の東京マラソンについて、太田プロでは、「体調もよく、順調に走っていた途中のアクシデント」としている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中