平均賃金、10年ぶり30万円切る 08年調査

印刷

   厚生労働省は2009年3月25日、08年の賃金構造基本統計調査の結果をまとめた。それによると、フルタイム労働者の同年6月時点の平均賃金は、非正規社員が増えていたことなどを反映して、前年に比べて 0.7%低下して月額29万9100円だった。30万円を切ったのは、10年ぶりのことになる。

   また、大企業の男性従業員の賃金は、38万1800円で前年より3.1%減少した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中