2019年 7月 21日 (日)

セブン-イレブンのバイト学生 「3か月で経営語る」って本当?

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   セブン-イレブンの創業者として知られる鈴木敏文氏のインタビューが、ネット上でちょっとした話題になっている。「セブン-イレブンでバイトをすると3か月で経営を語り始める」という、にわかには信じがたい内容で、その真偽をめぐって議論が繰り広げられている。

やる気を引き出す仕組みを強調

セブン-イレブンのアルバイト教育が話題になっている
セブン-イレブンのアルバイト教育が話題になっている

   話題になっているのは、経済誌「プレジデント」に掲載された鈴木氏のインタビュー。「プレジデントロイター」のウェブサイトでも連載されており、3月20日掲載の人材育成について触れた部分が注目されているのだ。

   記事のタイトルは「なぜ、セブン-イレブンでバイトをすると学生でも3カ月で経営を語り始めるのか?」というもので、記事中では、鈴木氏がアルバイトの位置づけについて

「人間は善意の生きものですから、自分を啓発する力を誰もが秘めています。それを引き出すきっかけや仕かけがその場にあるか。セブン-イレブンの場合、自分で責任を任され、成果を出していく経験が自己啓発力を引き出していくのです」

などと説明。何故「3か月」なのかについては不明ながらも、同社のアルバイトに対して、やる気を引き出す仕組みがあることを力説している。

   記事の見出しが刺激的だっただけに、この記事はネット上でもそれなりの注目を浴びた様子で、「はてなブックマーク」でも、200以上のブックマークがついている。その内容はというと、

「格好いいな」
「気づきを与えることが大事」

などと、鈴木氏の意見に賛同する声がある一方で、労働力を安く使うための方便に過ぎないのではないかなどと指摘する声もある。

   この記事は、ブックマークが多くついた記事を紹介するサイト「はてなブックマークニュース」でも紹介されており、同サイトでは「必ずしも肯定的なコメントばかりではないようです」と論評されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中