テレビ朝日、初の最終赤字へ 広告が大幅減

印刷

   テレビ朝日は2009年4月2日、09年3月期の連結業績が、17億円の最終赤字になる見通しだと発表した。09年1月の業績予想(1億円の黒字)を下方修正、初の連結最終赤字となる。

   売上高は2475億円(前期比2.7%減)にとどまる見通しだが、営業利益は12億円(同88%減)と大幅減益となった。経常利益は29億円(同76%減)。番組制作費や経費の圧縮を行ったものの、景気の後退で利益率の高い広告収入が予想以上に落ち込んだ。また投資有価証券評価損や固定資産の減損損失を特別損失に計上することも響いている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中