2019年 9月 22日 (日)

業績悪化報道に「盲従」する大学生 トヨタ就職ランキング96位のなぜ

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   リクルートが毎年行っている「大学生の就職志望企業ランキング」(2009年版)によると、上位には不況のなか、JRなど「社会インフラ」関連や銀行、食品系の企業が並び、「安定志向」が顕著になった形だ。逆に不況の影響をもろに受けたメーカー各社は、学生に「手のひらを返された」ように、軒並み大きく順位を落とす結果となっている。こうした選択は正しいのか。

「業績悪化報道」があった企業は順位下げた

   調査は、大学生と大学院生7909人の回答を集計した。「就職志望企業」については、第1志望から第5希望までを入力する形となっている。調査期間は2009年1月30日から2月16日。

   男女総合ランキングでは、東海旅客鉄道(JR東海)が1位、東日本旅客鉄道(JR東日本)が2位、全日本空輸(ANA)が3位と、インフラ関連の企業が堅調。第4位以降はみずほフィナンシャルグループ、三菱UFJ信託銀行、三菱東京UFJ銀行と銀行が続き、20位以内には東京海上日動火災保険(第7位)などの損害保険会社や、明治製菓(第16位)など食品系企業の躍進が目立つ。

   一方、電機、自動車関連をみると、02年まで5年連続で1位だったソニーが29位(08年8位)、シャープが55位(同14位)、キヤノン77位(同20位)トヨタ自動車が96位(同6位)と、前年から軒並み大きく順位を下げている。

   リクルート広報部は、「インフラや金融、生活必需品を扱う企業は学生に、『不景気でもなくならない』と思われているようだ。また、調査期間に『業績悪化報道』があった企業は順位を下げた」と話す。ただ、「学生は知っている企業の名前が限られているので、報道や広報活動に引っ張られることも多い」とも指摘する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中