2021年 11月 29日 (月)

「内外タイムス」に異変 売り物エロ記事完全に消えた

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   夕刊紙「内外タイムス」が紙面のリニューアルにともなって、ストリップやキャバクラ、風俗情報など、いわゆる「エロ」ネタの掲載を取りやめた。オーナーの意向が反映されたという、関係者からは今後をいぶかる声も漏れ聞こえる。

「相当の資金的な余裕があるのでは?」

「内外タイムス」の紙面から風俗情報などが消えた
「内外タイムス」の紙面から風俗情報などが消えた

   夕刊紙「内外タイムス」から風俗関係の情報が消えたのは2009年4月6日。これまで同紙には4~5ページほど、ストリップ記事や風俗情報、3行広告と呼ばれる風俗広告が掲載されていた。今では政治、経済、芸能スポーツ、ギャンブルの話題が中心だ。

   今回の刷新は、オーナーの意向が強く働いたらしい。関係者らの話によると、内外タイムス新聞社は2008年11月、不動産事業を手がけるアムスインターナショナルに買収された。その際、オーナーが風俗広告の掲載不可を掲げ、「今後、内外タイムスは日経的な夕刊紙を目指す。政治と経済に力を入れていく」と訓辞したといわれている。

   この路線変更に関して、夕刊紙事情に詳しい関係者は「夕刊紙はふつう、風俗広告が収入の中心だ。にもかかわらず、風俗広告をなくしたのは、相当の資金的な余裕があるのでは」と見る。一方、ある関係者も、「エロとギャンブルで売っていた『内外タイムス』の読者は、『エロ』目当てに買う人が多かったわけです。しかも、風俗の広告は収入のメインでもありましたから今後、読者はついていくのか、収入をどうするのか、疑問ですね」と話している。

   内外タイムスに今回の紙面刷新の件で取材を申し込んだところ、「コメントを差し控えたい」とのことだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中