「迷惑メール」送信の出会い系運営者に初の改善措置命令

印刷

   総務省は2009年4月22日、受信者の同意を得ずに出会い系サイトの宣伝・広告を行う電子メールを送信したとして、送信者の出会い系サイトを運営する東京都荒川区の男性(49)に、改正特定電子メール法違反で、送信方法の改善を命じる措置命令を出したと発表した。未承諾の広告メール(迷惑メール)の送信を禁じた08年12月1日の同法施行後、初めての適用。

   同省によると運営者の男性は、08年12月1日から09年4月6日までの間に迷惑メールを不特定多数に送信した疑いがもたれている。09年1月、男性に改善を要求するメールを送るなど警告をしたが、改善が見られなかったため、措置命令に踏み切ったという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中