2019年 2月 18日 (月)

泥酔逮捕のSMAP草なぎ 意味不明な叫びのわけ

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   公然わいせつで逮捕されたSMAPの草なぎ(弓ヘンに剪)剛容疑者は、酒グセが悪い面もあったらしい。テレビでは、同じSMAPの香取慎吾さんもその話をしていた。警察に抵抗してしまったのも、そのためだったのか。

「裸になったことは反省している」

   酔いから覚めた草なぎ剛容疑者(34)は、青ざめた顔をしていた。

   警視庁赤坂署が建て替え中のため、2009年4月23日午後に草なぎ容疑者の身柄を原宿署に移送。その様子を放送したテレビには、髪が乱れたままで、黙ってうつむく、草なぎ容疑者の姿がはっきりと映っていた。100人以上も詰めかけた報道陣を避けるためか、現れたときは、青いTシャツを頭から被り、顔を隠すようにしていた。

   新聞各紙などによると、草なぎ容疑者は、完全オフだった前夜、知人の女性と男性の2人と一緒に東京・港区赤坂の居酒屋でビールや焼酎を飲んだ。その後、知人女性と徒歩で同じ赤坂の檜町公園まで向かい、23日午前2時ごろ、公園前でこの女性と別れたという。

   檜町公園は、六本木の新しい名所「東京ミッドタウン」近く。回りは、マンションが立ち並ぶ住宅地になっている。その中で、草なぎ容疑者は、突然大声を出し始め、午前3時近くになって、耐えかねた近所の男性が110番。赤坂署員が駆けつけたところ、芝生の上で全裸になってあぐらをかいていたというのだ。着ていたお気に入りのジージャンやジーパンなどは、少し離れて置いてあった。

   赤坂署員が注意したが、草なぎ容疑者は、「裸だったら何が悪い!」などと叫んで暴れたため、公然わいせつの現行犯で逮捕した。その4、5時間後には、呼気1リットル中0.8ミリグラムのアルコールが検出されたことから、逮捕時には1ミリグラム以上の泥酔状態だったとみられている。

   警視庁では、草なぎ容疑者の尿を調べ薬物反応はなかったものの、公然わいせつの常習性を調べるため、23日に自宅を家宅捜索した。押収品はなかったという。調べに対し、「裸になったことは反省している。何で裸になったかは覚えていない」などと供述している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中