NHK大河ドラマ「天地人」、サブリミナル手法の演出?

印刷

   NHKが2009年5月10日放送の大河ドラマ「天地人」で、サブリミナル手法に似た演出をしていたと、新聞各紙が5月14日報じている。

   番組では、本能寺爆発シーンの直前、天地人に当たる空、水田、俳優の3カットが肉眼で確認が難しいほどの短時間挿入されていた。各紙では、このカットが、人の潜在意識に働きかけるとされるサブリミナル効果になるのではないかと指摘している。

   これに対し、NHKでは、織田信長の気持ちを伝えるための演出で、各カットは知覚できるためサブリミナル手法ではないなどと、各紙にコメントしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中