2019年 11月 13日 (水)

「チャット婚」「ミク婚」珍しくない 女性「6割」がネット出会いOK

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   SNSやチャットといったネットのコミュニケーションツールで出会った人を、恋愛対象として見ている女性が6割にのぼることが、ニワンゴの調査でわかった。投稿サイト「発言小町」やSNS「mixi」の書き込みを見ると、ネットで出会った人と結婚したという女性は結構いて、手近な婚活ツールになっているらしい。

ネットは手軽な婚活ツール

ミク婚経験者のコミュニティもある
ミク婚経験者のコミュニティもある

   ニワンゴが運営する動画サイト「ニコニコ動画」で配信している「ニコニコ生放送」の視聴者に、恋愛に関するアンケートを実施したもの。女性ユーザーのみを対象に行い2万929件の回答が寄せられた。

   そのなかで、「ネットで知り合った人は恋愛対象になりますか?」と質問したところ、「恋愛対象になる」「相手によっては恋愛対象になる」を合わせると、59.9%が「なる」と答えた。

   調査は2009年5月25日に実施、26日に発表した。

   読売新聞が運営する投稿サイト「発言小町」には、こんなトピが09年4月1日に立てられている。

「34歳女性です。08年より、周りには内緒でいわゆる『婚活』をぽつぽつとしていました。結果、インターネットでよい出会いがあり、少し前からお付き合いをしている男性がいます」

   おめでたい話だが、女性には悩みがある。

   友人や、ゆくゆく両親に紹介する際に、「ネットで出会ったことを正直に言ってもいいのか」ということ。ネットの出会いに対してネガティブな印象を持っている人も多いため、周りの反応に不安を抱いているようだ。そこで、同じようにネットで出会った人と付き合っているという女性に相談を持ちかけた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中