2019年 11月 19日 (火)

「猫は毛の色で性格が決まる」? 専門誌「ねこのきもち」調査

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   猫は「毛の色」によって性格が異なるらしいーー。そんな調査結果が出て話題になっている。例えばキジトラ(黒×茶の縞模様)は「慎重で警戒心が強い」、黒猫は「友好的な性格」といったものだ。ペルシャ猫や、アメリカンショートヘアといった血統種ごとに性格の特徴がある、という話しは聞いたことはあるが、「毛の色」で性格は決まるものなのだろうか。

白猫はなかなか人を寄せ付けない「繊細さ」

   「毛色と性格 やっぱり関係ありそう」という特集を組んだのは、ベネッセコーポレーションが出す猫の専門誌「ねこのきもち」(09年7月号)。09年3月に1000匹の飼い猫の「毛の色」と性格についてアンケートを行い、その結果をまとめた。回答は「甘えん坊」「活発」「おっとり」「怖がり」など9つの選択肢の中から当てはまるものを飼い主が選んだ。

   それによるとキジトラは「慎重で警戒心が強い傾向」があり、専門家の山根明弘さんは、キジトラは猫の先祖と言われるリビアヤマネコに近い毛色であることから、

「リビアヤマネコの野性的な性格を強く受け継いでいるのではないか」

と分析している。

   黒猫は「友好的な性格。猫同士でも人にもフレンドリー」。争いを好まないため集団生活に向いている猫なのだそうだ。白猫は「繊細な性格」。白は目立つため天敵に狙われやすいが、それでも生き延びてこられたのは気が強い性格だからだそうで、それが人をなかなか寄せ付けない繊細さにつながっている。そのほか、「茶トラ」(茶系の縞模様)は活発で甘えん坊。とにかく明るい性格なのだそうだ。「三毛猫」は甘えたり、暴れたり、ミステリアスな性格だと書かれている。

   ネット上でもこの調査結果が話題になっていて、ブログや掲示板を検索すると、

「クロネコは情が深いって昔からいうよねぇ」
「毛色が遺伝に沿ったものなら性格にも影響を与えることはありえる」
「うちの猫は白いけれど繊細とはいえないかも」

などのような様々な書き込みが出ている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中