2019年 10月 18日 (金)

1人で食べる姿見られたくない 若者の「便所飯」あるのか?

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   トイレで1人食事する「便所飯」が若者に広がっているという記事を朝日新聞が書いて話題になっている。友だちがいない人と思われたくない、ということらしいが、記事では「広がっている」とする根拠がよく分からず、ネット上では異論が多い。とはいえ、便所飯を告白する若者もいないわけではないようなのだ。

朝日「広がっている」、しかし根拠乏しく

便所飯を書いた朝日の記事
便所飯を書いた朝日の記事
「友達いなくて便所飯?『一人で食べる姿、見られたくない』」

   こんな風変わりなニュースを書いたのが、2009年7月6日付の朝日新聞。それも、夕刊の1面トップという大きな扱いだ。

   記事によると、便所飯を禁止する謎の張り紙が、少なくとも2008年秋から東大、名城大などいくつかの大学に張られていた。張り紙には、ウサギと洋式トイレのイラストとともに、大きくバツ印がある料理写真が。「監視カメラ作動中」「違反者にはトイレ使用禁止などの処分を行います」と書かれ、最後に大学名が記されている。

   この張り紙は、大学の公式掲示でなく、いたずらの可能性が高いことが分かった。が、朝日では、便所飯そのものは、「学生を中心に若者に広がっている」と踏み込んで書いた。学食などで1人食べる姿を見られ、友だちがいない人という烙印を押されたくないのが動機だという。大学教師が2年前に学生から便所飯のことを聞いたとも紹介している。

   由来ははっきりしないが、便所飯は、2ちゃんねるなどで05年初めごろに名付けられたともされる。しかし、行為自体は、いつごろからどのくらいあるのかはっきりせず、ウィキペディアの項目からも削除されている。

   朝日の記事でも、便所飯が若者にまん延しているという根拠ははっきり示されていない。このため、2ちゃんでは、「一面に書くような記事かよ…」「都市伝説の類いだろw」「あー、朝日釣られちゃったか」とその根拠を疑問視する声が相次いでいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中