2021年 5月 14日 (金)

M・ジャクソン秘話 ソニー盛田氏を「先生」と慕っていた

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   「ポップスの帝王」マイケル・ジャクソンさんの訃報が報じられて、はや2週間が経つ。死因はいまだはっきりとはわからず、今や「伝説の人」になりつつある中で、マイケルさんが生前、ある日本人を「先生」と呼び、心から慕っていたことがわかった。その人物とは、ソニー創始者の1人、盛田昭夫さんである。

「どうしたら若い人達の心を掴むことが出来るだろうか」

   マイケル・ジャクソンさんと盛田昭夫さんとの親交がはじまったのは、1987年。アルバム「BAD」リリース後の9月、マイケルさんはソロツアーで初来日。このとき、盛田さんが妻の良子さんとともに、コンサートへ足を運んだことがはじまりだった。コンサート終了後、マイケルさんはマネージャーを通じて、盛田さんと話がしたいとリクエストしたのだ。

   そのときの様子は、オフィシャルサイト「盛田昭夫ライブラリー」の中の「妻・良子が語る 人間『盛田昭夫の素顔vol.6』マイケル・ジャクソンさんとの思い出」(2009年7月7日更新)に、1987年のソロツアー来日の際の出来事として、次のように書かれている。

「彼は、『今日、ミスター盛田が来て下さったことのお礼を言いたかったのです。そして今日は自分が100%満足のいくショーが出来なかった。声も出なかった。次回の公演には必ず今日以上のショーをお見せしたいので、是非又おいでいただきたい』と言って幾度も謝っていたそうです」

   日本滞在中、マイケルさんは盛田さん宅で行われた良子さんの誕生パーティーにも参加。このとき、まったくの自然体で振る舞い、自動ピアノ、オルゴールなどに興味を示し、子供のように楽しんで過ごしたという。その後も親交は続き、来日の際には、行き来があるのは常だったようだ。

   また、盛田さんに「どうしたら若い人達の心を掴むことが出来るだろうか」「どうしたら自分はもっともっと尊敬される人になれるだろうか」「誰を信じたら良いのだろうか」と質問攻めしたこともあった――。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中