2018年 7月 23日 (月)

加齢で「卵子」老化 出産リミット何歳なのか

印刷

   晩婚化が進むなか、未婚女性の最大の関心事は「何歳まで自然に子どもを産めるのか」だ。確かに、35歳以上の高齢出産は増えている。しかし、妊娠する確率は20歳代に比べてうんと低くなる上に、妊娠できても無事に産めない確率が高まる。卵子の質が、38歳を過ぎると老化で急速に下がるという説もある。

「38歳あたり」から急速に「良好卵子」が減少

「多くの人が『月経があれば妊娠できる』と思っているが、それは正しくありません」

というのは、不妊治療専門の徐クリニック(兵庫県西宮市)の徐東舜院長。

「47、48歳でも月経があれば妊娠できるかというと、ほとんどは(自然に)妊娠しないでしょう。排卵していても、すでに卵子が老化し、妊娠出来る状態でないことが多いからです」

   卵子の老化は、卵子のもととなる細胞「原始卵胞」と関係している。生まれた時には卵巣内に数百万個あるが、増えることはなく、加齢と共に減っていく。原始卵胞が減少すると、卵巣は質の良い卵子を排出できなくなる。

   徐院長によると、「38歳あたり」から急速に「良好卵子」が減少するので、この辺りの年齢を超えてくると妊娠率もかなり低下する。これを「38歳説」と呼んでいる。

   もっとも、個体差があって40歳代半ばでも若々しい卵子の持ち主もいる。逆に、32、33歳で卵子の状態が38歳レベルに衰えている「卵巣早期老化」の人も、全体の1割程度みられるそうだ。

   高齢で妊娠すると、染色体異常からダウン症という障害を持った子どもが生まれる確率が高まるのも、卵子の老化と関係していると言われている。

昔より今の35歳のほうが妊娠しにくい?

   「不妊ルーム」を開設しているこまえクリニック(東京都狛江市)の放生勲院長は、

「結婚適齢期が無くなったけど、妊娠適齢期は動いていない」

と指摘する。

「見た目は昔の女性より若くなっていても、卵子のエイジング(老化)は昔よりも進んでいるかもしれません。若いうちから子どもをたくさん産んでいる女性は、年をとっても『産める体』のことも多いのです。ところが晩婚化で、今の35歳のほうが妊娠しにくいとも考えられます」

   さらに、出産時にもいろんな問題が起こりやすくなる。早産や流産、母体へのリスクも高まる。

   しかし、妊娠のしにくさと比べれば、出産のリスクは「小さいほう」と前出の徐クリニック、徐院長はいう。

「30歳代半ばになって妊娠しようとするから不妊になるんです。この10年で医療が進歩し、ずいぶん改善されてきたが、それでも限界はあります。子どもが欲しい人は妊娠を先延ばしにするなんていう考えは、捨てた方がいい」

と忠告している。

   厚生労働省「2007年人口動態調査」によると、第1子を出産した時の母親の年齢が35~39歳だった人は、07年が5万9665人(06年5万4368人)、40~44歳は8101人(7071人)、45歳以上は213人(164人)だった。

   一方で、20~24歳は07年が8万6291人(06年8万9323人)、25~29歳は18万4129人(19万805人)、30~34歳は16万7702人(16万8560人)で、20歳から30歳代前半では減少傾向にある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中