2018年 7月 19日 (木)

替え歌「白いクスリ」でドタバタ 削除から一転、再アップ

印刷

   動画投稿サイト「ニコニコ動画」にアップされた、酒井法子容疑者の代表曲「碧いうさぎ」の替え歌「白いクスリ」を巡ってドタバタ劇が演じられている。歌ったのが「初音ミク」で、「ミク」を開発・販売しているクリプトン・フューチャー・メディア(札幌市)が「営業上の利益や信用が侵害される」とし削除を要求。「ニコニコ」側はいったん削除したものの、「クリプトンの削除依頼には法的な根拠がない」とし、再度アップするといった具合なのだ。

ソフト開発者が口挟めるのか

   騒動になっている動画は2009年8月9日午前2時に「ニコニコ動画」にアップされた。酒井容疑者の「碧いうさぎ」の替え歌で、歌詞は、「あとどれくらい 連絡断てば 薬物検査パスできるかしら」「白いクスリ ずっとやってる 切れちゃうと震え来るから」「たとえずっと会えなくても シャブがあれば それでいいわ」などと続く。アップ後すぐに話題になり2日間で20万近いアクセスがありコメントは1万を超えた。

   動画が削除されたのは09年8月11日の夕方。削除後に残された画面には、クリプトン・フューチャー・メディアの依頼により削除した、という告知があった。この替え歌を歌ったのは、まるで人間が歌っているかのように表現できるパソコン用ソフト(ボーカロイド)の「初音ミク」。

   ソフトを開発・販売しているクリプトン社は、09年8月13日、削除依頼の理由を同社サイトの「ピアプロ開発者BLOG」で説明した。そこには、

「名誉毀損罪を構成するおそれのある行為に用いられ、これがインターネット上で公表されていること」
「弊社製品を含む音声合成技術全般、およびこれを利用した創作活動全般に対するイメージが、多様性のある実態と異なるかたちで報道によって広まり、一般に認知され定着するおそれがあること」

   と書かれ、営業上の利益および信用が侵害されるおそれを考慮した、としている。

   クリプトン社の削除依頼についてネットでは、「ミク」のイメージが損なわれる可能性があることを理解しながらも、削除に対する非難が多数を占めた。「ミク」はこれまで、ダークなジャンルを含め、ユーザーの自由な発想によって楽曲が作られ続けてきたことが「バーチャルアイドル」として絶大な人気を得る理由になっていたこと。また、「ミク」は一種の「楽器」であり、「楽器」のメーカーであるクリプトン社が、「楽器」を使った創作に口を挟むのは如何なものか、という考えだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中