髪を染めると痴漢防止になる ネットで広がる「噂の真相」

印刷

   痴漢に狙われないためには「髪を染めるといいらしい」ーー。そんな情報がネットを駆け巡り、話題になっている。痴漢被害を受けやすい女性は、見た目がおとなしく抵抗しそうにないタイプ、と昔からよく言われるが、髪を染めることによって活発な感じに「変身」、それが抑止力を発揮する、ということらしい。はたして効果のほどは。

「髪を染めろとお母さんにお金を渡された」

   2009年8月17日、ミニブログ「ツイッター」に書かれたこんな「つぶやき」が話題の発端らしい。

「今どき髪が黒いってだけでおかしな男の人に狙われるから、染めておきなさいと、お母さんにお金を渡された」

   これが「ツイッター」内で一気に話題になっただけでなく、ブログなどのサービスを提供している「はてな」にも波及。「つぶやき」を紹介した記事に400近いブックマークが付いた。

   ブックマークした人達は、

「実際地味な格好ほど痴漢に遭うので、このお母さんの言うことも否定できない」
「これは事実そうらしい。黒髪ストレートは男ホイホイだという」
「男子でも絡まれるのが劇的に減ったりしますよ」

などと肯定する意見もあるのだが、

「わたしは初めて髪を染めた日に痴漢というものに遭いました」
「黒髪ストレートロングですが未だ電車内で狙われたことがありません」

と、首を傾げるカキコミもある。

   髪を染めたら痴漢被害に遭わなくなった、と明かすのは東京都在住の20代の女性。黒髪で可愛らしい服装をしていたとき、電車内で何度も痴漢され、時には腕をつかまれ連れ去られそうになった。それが「パンク風」に赤く髪を染め、ミニスカートに履き替えたところ、全く痴漢に遭わなくなったというのだ。

「以前はおとなしそうに見えたから狙われたような気がします。髪を染めファションも『攻撃的』になったことで、痴漢が近寄りにくくなったのかもしれません」

と話している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中