2019年 7月 17日 (水)

モデル使ってパンチラ撮影 これで逮捕はどうなのか

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   公園の滑り台でパンチラ撮影をした男女を大阪府警が逮捕したことについて、ネット上では疑問の声がくすぶっている。逮捕でなく注意に留めるべきではなかったかなどだ。府警では、公共の場所であり、見た人に不安や卑わい感を与えたと説明している。

   確かに、異様な光景ではあったらしい。

   モデル役となった無職の女性(25)は、報道によると、青いミニのワンピースにハイヒールの金髪ギャル。以前は、性風俗店を渡り歩いていた。片や、ビデオカメラを回していたタクシー運転手の男性(38)は、地味な外見の中年だった。

公園の滑り台で「開脚」ポーズ

   この不釣り合いの「カップル」を不審に思ったのが、事件現場となった大阪市港区の公園を1人で散歩していた近所の女性だ。大阪府警港署によると、この女性は2009年10月12日午前10時55分ごろ、2人が滑り台でとんでもないことをしているのを見つけた。モデルの女性は、滑り台の一番上に座り、「開脚」のポーズでパンティーをもろに見せていたのだ。タクシー運転手の男性は、その下から熱心にビデオカメラを回し、カメラで写真撮影もしていた。

   公園は住宅街にあり、この日は3連休の最終日。公園内には、幼稚園児2、3人とその親がいた。

   近所の女性は、「教育上悪い卑わいな行為だ」と同署交番に通報。署員が駆けつけると、2人は撮影を終えていた。が、この女性の証言をもとに任意同行を求め、大阪府迷惑防止条例違反(卑わいな行為の禁止)の疑いが強まったとして逮捕した。同条例の6条5号にある「公共の場所又は公共の乗物において、人を著しくしゅう恥させ、又は人に不安を覚えさせるような卑わいな言動をすること」に当たるという。2人は大阪地検に身柄送検され、19日現在も拘留中だ。

   同署によると、2人は、ネット上のサイトで知り合った。パンチラ撮影が趣味だった男性は、モデルの女性に持ちかけ、女性が合意して1万円のギャラと2000円の交通費を支払っていた。ビデオには、パンティー姿の女性が映っていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中