2019年 5月 20日 (月)

「ワンピース」オープニングが変 東映アニメ公式HPが炎上

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   人気アニメ「ワンピース」のオープニングが酷すぎる、と東映アニメーションの公式ホームページに批判が殺到している。掲示板には数百もの苦情が寄せられ、炎上状態だ。歌自体が「ワンピース」のイメージに合っていない、というものから、矢口真里さんを含む「ヘキサゴンファミリー」を歌手に起用したのは間違いだ、といった批判が多い。今回の騒動についてファン達は釈明を求めているが、東映側は、オープニングや声優の変更が騒ぎになる事はよくあり、「今のところ特に説明などは考えていない」と話している。

   「ワンピース」はフジテレビ系で10年間に渡り放送されている大人気アニメ。主題歌も次々に大ヒットしており、前回までオープニングだった東方神起の「Share The World」は、オリコンや有線リクエストで1位を獲得した。そして、2009年11月15日放送分から、オープニング曲は「風をさがして」に代わった。歌っているのは、フジテレビの人気番組「クイズ!ヘキサゴンII」に出演しているヘキサゴンファミリーだ。

シリアスなシーンで「イエ~イ♪」「ふーっ♪」

「ワンピース」が大好きだという矢口真里さん
「ワンピース」が大好きだという矢口真里さん

   オープニングが流れた直後から、ネットでは非難の嵐になった。非難の内容は、まず「オープニングの映像と歌が全く合っていない」というもの。例えば、主要キャラが処刑されようとしているシリアスなシーンが出ると、「イエ~イ♪」「ふー♪」など楽しそうな掛け声が入る。「バカにしているのではないか」と感じた人も多かったようだ。

   ヘキサゴンファミリーを起用したことに対しても不満が爆発している。「おバカ」キャラを「ワンピース」の世界に持ち込んで欲しくない、というのだ。その中でも、元「モーニング娘。」で「ワンピース」の声優もつとめている矢口真里さんへの批判は痛烈だ。矢口さんは以前からアニメやマンガの熱烈なファンだと公言してきたが、それが「眉唾物ではないか」として、彼女が主題歌を歌うのは許せない、というものだ。

   批判の矛先は当初はフジテレビの「ワンピース」公式ページに向かったが、掲示板への批判的書き込みは検閲で削除される、という情報が流れたため、制作している東映アニメーションの公式ページに抗議の場が移っていった。

   同社「ワンピース」の掲示板には数百もの書き込みが殺到。現在も「炎上」が続いている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中