2019年 2月 23日 (土)

二日酔い予防に効く?「肝臓水解物」ってなんだ!

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   忘年会、新年会シーズンが到来。1年で最もお酒を飲む機会が増えるに時期だけに、二日酔いで肝臓が少々疲れぎみの人も少なくないだろう。二日酔い予防といえば、「ウコン」がおなじみだが、いま二日酔いを未然に防ぐ、お酒で悪酔いしないイチ押し商品として支持されつつあるのが「肝臓水解物」だ。

   飲み会で大いに盛り上がって、つい飲みすぎたというのはよくある話だが、翌日に二日酔いの頭を抱えて出勤するようなことは、ビジネスパーソンとしては失格だ。そんな中で「飲酒ヘビー層」が熱い視線を送っている「肝臓水解物」とは、いったいどんなモノなのか。

アセドアルデヒドの代謝を促進し働きを抑える

「飲む前に飲む」。ドリンク剤だと体への吸収もいい
「飲む前に飲む」。ドリンク剤だと体への吸収もいい

   二日酔いは、アルコールを摂取することによってできる「アセドアルデヒド」が原因であることは「お酒好き」でなくとも、よく知られている。お酒を飲んで顔が赤くなったり、頭痛や吐き気がしたり、めまいや不快感に襲われるといった症状は、アセドアルデヒドの血中濃度が増えて「悪さ」するために起こる。

   簡単にいえば、二日酔いや悪酔いを抑えるためには、このアセドアルデヒドの血中濃度を下げて働きを封じ込めればいいわけで、「ウコン」や「肝臓水解物」にはそういった働きがある。

   「肝臓水解物」とは、肝臓(レバー)に消化酵素を加えて加水分解し、アミノ酸や複数のアミノ酸が結合してできたペプチドのこと。いわば、アミノ酸を凝縮したエキスだ。

   二日酔いに「効く」メカニズムについて、医学博士の中原英臣先生は「二日酔いの原因であるアセドアルデヒドを早く酸化して代謝を促進し、加えてその働きを抑制する作用が肝臓水解物にはあります」と説明する。

   二日酔い以外にも、疲れやすい、だるい、貧血ぎみの人の体調を整えたり、脂肪燃焼や美肌を保つ効能もある。

   アミノ酸やペプチドはレバーを食べても体内に吸収できるが、苦手という人も少なくないし、飲む前に食べるというのもなかなかむずかしい。そこで最近は、ドリンク剤や錠剤になった「肝臓水解物」が続々と登場しているというわけだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中