2019年 7月 21日 (日)

トヨタ社長「なぜ出てこない」 批判受けてようやく記者会見

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   リコール問題が拡大する中で、トヨタ創業家の豊田章男社長(53)が会見などをしないことに疑問の声が出ている。トヨタでは、品質保証の問題のため担当副社長らが対応していると説明するが、これだけの騒ぎなら社長が出てくるべきとの指摘も多いのだ。こうした批判を受けて、2010年2月5日夜、品質問題についてようやく記者会見を開いた。

「社長になり代わって、私でご容赦願いたい」

   トヨタ自動車の佐々木真一副社長は、豊田社長自らなぜ会見しないのかを問われて、こう釈明した。新型プリウスのブレーキ問題について、2日に記者会見したときのことだ。

トヨタは、品質保証担当者が対応と説明

厳しい論調のブルームバーグ
厳しい論調のブルームバーグ

   理由について、佐々木副社長は、自らが品質保証担当で一番よく知っていることを挙げた。しかし、メディアからは、この対応ぶりについて異論が相次いでいる。

   特に、論調が厳しいのが、外国メディアだ。

   米通信社のブルームバーグは、5日付日本語版記事で、「トヨタ社長の顔見えぬ対応 リコール拡大『隠れている』印象」との見出しを掲げた。記事では、リコール問題で豊田社長が公に発言したのは、NHKの飛び込み取材に1月29日、不安を与えたことを謝罪したいと答えただけと指摘。そして、「今回の問題での対応は世界標準を満たしていない」とするアナリストのコメントを紹介している。

   また、英ロイター通信社は、3日付日本語版サイトの記者ブログで、「トヨタ・ブランドの行く末」として、豊田社長が会見に出なかったことを取り上げている。投稿した同社記者は、トヨタの看板である品質への信頼が揺らぐ可能性があるとして、「企業のトップが、この状況をどのように切り開こうとしているのか、知りたいのは私だけではないと思うが、どうだろうか」と問いかけた。

   09年6月にトップに立ってから、豊田社長は、メディアを避けているのではないかと繰り返し指摘されている。

   車ニュースサイト「レスポンス」によると、高級車レクサス初のハイブリッド車が発表された09年7月14日、豊田社長の囲み取材はなく、「『現場に近い』といわれる社長がこの日は会場内で一番遠く感じた」という。これまでの定番だった社長とのツーショット撮影もなかったとしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中