2019年 8月 18日 (日)

NHK「あさイチ」子どもと「性」特集 女性の裸など「性的画像」大映し

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   朝から「セックスレス」を大きく特集して話題を呼んだNHKの情報番組が、また注目を集めている。内容は、ネット上の有害情報について警鐘を鳴らすいたって真面目なものだが、「有害情報」として紹介された内容として、女性の裸などが映し出されたことから、ネット上では驚きをもって受け止められている。

   話題になっているのは、2010年7月14日の朝に放送された情報番組「あさイチ」の特集だ。放送されたのは「要チェック!子どもをとりまく『性』」と題した約1時間のもので、夏休みを直前に控えて企画されたものだ。検索エンジンを使いこなせる子どもも多いことから、特集の冒頭では

「子どもたちが何気ないことばを検索しているうちに、性的な画像に行き当たってしまうことも。思いがけず性の情報にふれてしまうこともあるんです」

と企画趣旨を説明。波紋を呼んでいるのが、番組内で紹介された「性的な画像に行き当たってしまう」実例だ。

「ほし」で画像検索すると……

   特集では、「子どもが自由研究で星を調べようとしたときに被害が起きた」などとして、財団法人インターネット協会の担当者が状況を再現。担当者がグーグルを思われる検索エンジンに「ほし」と入力するよう指示。そうすると、画像検索モードで「ほし」と検索された結果が表示され、その様子がテレビ画面にも大映しになった。その中には、漫画のキャラクターや女性の裸もあった。

   レポーターは、

「あー、本当ですね。全然キラキラの星とか出てこないんですね」

と驚いた様子。また、女性が胸をはだけたり、足を開いている様子も映し出され、

「『ほし』の検索だけで、さらに卑猥な画像が出ることも。放送では、差し障りがあるので、ぼかしましたが、なんと、元の画面には、男女の性器が丸見えになっていました」

とナレーションが入った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中