2019年 1月 23日 (水)

「100万円おじさん」ラーメン店 売り上げ減に「所得税」の追い打ち

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   大阪のラーメン店で、男性客が子どもたちに食べさせてと100万円を置いていった出来事があった。その意をくんで、店は高校生以下に無料サービスし、5日間でたちまち金額分を使い切ったが…。

「もうお店が、小学校みたいな感じでしたね。子どもたちに夢を与えられたのは、よかったと思います」

競艇場などで大当たりを出した可能性

   大阪市内のラーメン店「麺匠 味冨久」住之江店の店長は、こう話す。

   騒ぎのきっかけを作った男性客は、2010年7月27日午後3時ごろ、レジで100万円を置くと、タクシーで立ち去った。店長は、その日のうちに住之江署に拾得物として届け出たが、客の意にも背けないと、8月2日から650円のラーメンを高校生以下の子どもたちに無料で提供した。

   そのことは口コミで広がり、1540杯分が5日間でなくなってしまったという。「お礼を言いたい」との子どもたちが多かったことから、店では、男性客の似顔絵を作って、会ったらお礼を言うよう呼びかけている。

   この話が報じられると、ネット上では、男性客が何者なのか、などを巡って憶測が飛び交っている。

   2ちゃんねるを見ると、世話になったお礼説から、宝くじなどに当たった、2児放置死事件に心を痛めて、税金対策、お店の話題作りなどまで、様々だ。

   ラーメン店店長は、話題作りについては否定し、男性客については、近くの競艇場などで大当たりを出した可能性もあるとみている。

「チューハイも2杯飲んで行かれたのですが、昼間から飲まれる方は限られているんですよ。身なりは派手ではなく、高価な腕時計もしていませんでした。しかし、そんな素朴な感じの方も、けっこうおられるんですね」

   子どもたちにラーメンという動機については、夏休みなので考えたぐらいしか思いつかないという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中