2021年 1月 15日 (金)

アニメソングがランク上位独占 音楽業界の救世主たりうるのか 
「ポニーキャニオン」桐畑敏春社長に聞く「音楽業界の未来」/創刊4周年記念インタビュー 第5回

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   大人気アニメ「けいおん!」シリーズは特別な存在だ。DVDなどソフトが大ヒットしただけでなく、声優が歌うさまざまな曲がランキングの上位を独占、音楽業界に衝撃を与えた。この人気は継続するのか。業界の救世主になるのか。ポニーキャニオンの桐畑敏春社長に聞いた。

――TBS系で放送された「けいおん!」、続編「けいおん!!」ともにオープニング曲とエンディング曲のCDセールスがそれぞれ20万枚、ネットの有料版ではそれぞれ50万ダウンロードとすごいヒットになりました。

海外での人気をどうセールスにつなげていくか

ポニーキャニオン桐畑敏春社長
ポニーキャニオン桐畑敏春社長
桐畑 アニメに関して言えば「けいおん!」から続編「けいおん!!」になり、ますます人気が高くなっている感じですね。実は、アニメの2期(続編)については、1期同様に人気となるのかどうか不安だったんです。1期の放送で当時の原作にあるストーリーは殆ど使われてしまい、2期はアニメオリジナルのストーリーを加えて制作することになったからです。ところがふたを開けたらこの人気で、ホッとしています。楽曲も歌唱も素晴らしかったという以外にないのではないか、と思います。

――「けいおん!」では声優さんが歌ったキャラクターソングも大ヒット。DVDとBDで発売された「けいおん! ライブイベント~レッツゴー!~」も記録的な売れ行きです。

桐畑 ライブイベントですが、私も撮影が行われた横浜アリーナに行きました。前の方の座席で観ていたのですが、凄かったですね、ファンの方々の熱気。でも、ここまで売れるとは。日本のアニメソングのライブはアメリカ、ヨーロッパ、アジアなど海外でも相当な人気で、これをどうセールスにつなげていくか、それが音楽業界の今後の課題なのではないでしょうか

――こうしたアニソン人気が音楽業界に変化をもたらす?

桐畑 「けいおん!」は特別なのです。非常にヒットした代表といえます。実は、アニメ楽曲が業界の中で凄く伸びているかというと、そうでもないのです。アニメソングの売り上げはずっと前年並みで推移しているんです。
   ランキングの上位に来て驚いている人も多いのですが、アニメの場合はコアなファンの方が多いですから、CDを発売した後の動きは凄く速く、一気にチャートを駆け上ります。ただし、1年間トータルで見ると、他のアーティスト作品と比較して必ずしも上位に位置しているわけではない。こうした現象はアイドル作品にも似ていますよね。ですので、レコード会社の中にはアニメソング事業を縮小する会社もあります。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中