眞鍋かをりに1億円の損害賠償請求 元所属事務所と泥沼抗争

印刷

   タレントの眞鍋かをりさん(29)に対し、2010年8月23日、元所属事務所アヴィラの実質オーナー牧野昌哉氏が、名誉を毀損されたとして東京地裁に1億円の損害賠償請求を起こした。

   アヴィラと眞鍋さんは現在係争中で、アヴィラは眞鍋さんが専属契約を一方的に解除したとしており、眞鍋さん側は契約は無効だとしている。

「根拠の曖昧な風評や伝聞」

   牧野氏の発表によると、眞鍋さんが裁判で提出した準備書面の中に「タレント某は牧野と性的関係を持ったから、番組に出演できた」とマネージャーから聞かされたという記述や、牧野氏が「もし妊娠するようなことがあれば中絶させる」などと言っていたという主張があった。これら「根拠の曖昧な風評や伝聞」「事実に反する主張」が一部マスコミに事実であるかのように報じられたため、社会的な信用や名誉が傷つけられたとしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中